家具・小物:ハクモクレン 白木蓮

アーカイブ

パン作業テーブル

161012note_worktable01

少し前のことですが、松本市内のパン工房「プチクローバー」さんからご依頼いただき、
作業テーブルを納品しました。
材料は、お打合せで柔らかくて香りが強すぎないサワラを選択。
ほとんど節のないところを使い、
少しどっしりと大きなまな板のようなイメージで制作させていただきました。
今までのテーブルでは少し低かったそうで、腰の痛みがなくなりました!
と嬉しいお声をいただきました。

161012note_worktable02

緑のアーチをくぐると、とっても素敵なパン工房。

161012note_worktable03

プチクローバーさんの人柄を表すような優しい味のイーストパンです。

オープンの日程などはこちらから↓
http://peticlover.exblog.jp//

by Hakumokuren | 2016-10-3 |

お箸の長さ色々

160621note_ikurinbashi

修業先のアトリエ・エムフォオから頂いた育林箸の仕事。
いつものカラマツではなく、久しぶりに木曽ヒノキです。
今回は、長さが定番の24センチ以外に4種類もあります。
短いのはミニチュアのようで可愛らしいです。

by Hakumokuren | 2016-6-21 |

クルミのトレイ特注サイズ

151210note_tray.jpg

クルミのトレイ、最近はS・M・Lの定番サイズにしていますが、
パン屋を営んでいらっしゃるお客様からの依頼で、パンを置くための300ミリ角サイズを作っています。
同時に定番サイズも削っています。
裏は多少反ってもカタカタしないように少し中スキにします。

by Hakumokuren | 2015-12-10 |

窓辺のハコ

151208note_haco

クラフトピクニックがご縁で繋がったご近所の木工家さんからの依頼で、これまたご近所のコーヒー屋さんのお仕事をいただきました。
窓辺と暖房といった条件の厳しい環境なので、「ひとまず置いてみる」ということに。
ご近所ならではの試みに何だかワクワクします。

by Hakumokuren | 2015-12-8 |

嬉しい写真

150828note_foodtable04.jpg

150828note_foodtable03.jpg

150828note_foodtable02.jpg

お友達の愛犬ソフィちゃん親子のフードテーブルを作らせていただきました。
親子三頭それぞれの高さをご指定いただき、ネストテーブルとなっています。
側面の透かし彫りと名前入りの銅のプレートをオプションで付けさせていただきました。

150828note_foodtable06.jpg

150828note_foodtable05.jpg

こんな嬉しい写真が届きました。
2年前の8月29日、ソフィちゃんは4頭の仔犬を産みお母さんになりました。我が家のニケの出産の少し前だったので、ずいぶんと参考にさせてもらいました。
今は長女コリンヌちゃんと長男ナイトくんが一緒です。
飼い主さんは絵付けをされていて、優しい雰囲気の素敵なお皿をたくさん制作されています。

by Hakumokuren | 2015-8-29 |

修業先で勉強

150807note_ozushi

150807note_ozushi02

150807note_kiribako

ここしばらく、修業先に戻り勉強していました。
お厨子や桐箱といった指物。
触れるだけでも緊張するくらいの作品です。
修業中にはわからなかった、というか考えもしなかったようなことが、独立後に戻ったことで理解できたり、自分に足りない部分が見えてきたりしました。
独立し離れても学ばせてもらえることに感謝です。

by Hakumokuren | 2015-8-7 |

真鍮の鍛造

150423life_taranome

ハンガーのフックを鍛造しました。
金属を叩くのは思うより難しい仕事で、延ばしたり縮めたりとコツがいります。
修行先で何度も経験した鍛造アルミのコースターやランチョンの制作を思い出しました。
当時、なかなか平らにならずに泣きそうになりましたが、
今、その経験がとても活きています。

by Hakumokuren | 2015-4-23 |

木の仕事いろいろ

150422note_soyano02

150422note_soyano01

お世話になっている機械屋さんの案内で、
市内の建材屋さんに県産材のアカマツを分けてもらいに行きました。
広大な土地に真新しい工場、スケールの大きさに驚きました。
木に携わる仕事もいろいろな形があります。
ゲートのデザインがとても素敵でした。

by Hakumokuren | 2015-4-22 |

胡粉だんご

150410note_gofun02

150410note_gofun01

漆パネルの下地。
日本画の要領で胡粉(ごふん)を膠(にかわ)で練って胡粉だんごを作りました。
懐かしい紙粘土のような感触。
ペタペタと片手ずつに叩き付けて、膠を胡粉の粒子に馴染ませます。
熱湯で灰汁抜きしてから、水を足して溶いていくと、
何だか生クリームのように美味しそうな見た目になりました。
でも、匂いはあくまで膠。

by Hakumokuren | 2015-4-11 |

はしごブーム

150323note_hashigo01

150323note_hashigo02

今、「はしごブーム」という友人からの依頼で、
古材?というより薪になる寸前のはしごをリメイクしました。
長年、外で雨風にさらされていたので、
何度も泥や埃を洗い落として乾かして、朽ちているところを取り除き、
釘打ちで前面に取り付けてあった桟をホゾ加工しました。
これからオイルを塗ってさらに変身します。
はしごは、ドライフラワーや瓶などを吊り下げて、
インテリアとして使うそうです。

by Hakumokuren | 2015-3-24 |

チェリー材スツールの納品

150308note_stool03.jpg

150308note_stool04

大学時代からの友人からのご注文でチェリー材のスツールを納品しました。
建築、インテリアデザインを一緒に学んだ友人。
室内のひとつひとつのものが、彼女とご家族がじっくり選んだことが伝わってきました。
棚ふたつ分いっぱいの可愛い郷土玩具のコレクション。
そんなお部屋に加えていただけてなんとも嬉しかったです。
スツールの上で正座がいつものスタイルということで、
脚には安定性を持たせ、座面は低く広く、
今ある家具の雰囲気にも溶け込むようなデザインを心がけました。

by Hakumokuren | 2015-3-8 |

切出し

150223note_kogatana

久しぶりに切出しを研ぎました。
写真左は、東京の左久作さんに特注で作っていただいたもの。
写真右は、数年前にお店を閉められた松本の長谷川刃物店さんで買ったもの。

by Hakumokuren | 2015-2-23 |

チェリーのスツール

150204note_stool01

150204note_stool02

少し前ですが、チェリー材のスツールを制作しました。
座ぐりの形をよくするために型をつくるのは、
修行先で何度も教わったことです。
曲面電動鉋で荒削りをします。
今は、このカーブの強いタイプのものが製造されていないようで、
独立後しばらくしてからヤフオクで手に入れました。

by Hakumokuren | 2015-2-20 |

カッティングボード

150201note_cb1.jpg

たまたま友人からのご注文が続き、
今まで何となく作らなかったカッティングボードを作り始めました。

何となく作らなかった理由は、
今、自分で使っているカッティングボードが気に入っているからかな、
と何となく思います。
修行中、割れがあって出せないという杉材のものを
「はいっ。これいる?」といただき、
それ以来、自宅でほとんど毎日使ってきました。
いつもフックに吊り下げていて、
サッと取り、使ったらすぐにササッと洗い流し、
また吊り下げています。
パンは、その上で切ったあと、そのまま食卓に出しています。

今回、良い機会をいただいたので、
自分でも、そうやって毎日使ってもらえるような、
気軽で身近なカッティングボードを目指していきたいなと思います。

by Hakumokuren | 2015-2-2 |

あて台削り

150108note_atedai

仕事はじめは、あて台を削り直しました。
あて台は、真っ平らが前提ですが、すこーしずつ狂ってきて、
昨年秋ごろから平らで無いことが気になって気になって。
年が明けに削るぞ!と思い続けていました。
細かい傷や汚れも取れ、気持ちまですっきりしました。

by Hakumokuren | 2015-1-8 |

仕事納め

20141231-211303-76383055.jpg

昨日30日、今年最後の納品に行ってきました。
学生時代からの友人夫婦。
東京を離れた今でもお互いの家を行き来していて、
夏頃にこのお話しをいただきどんなに嬉しかったことか。
納品のあと、お店に夕飯に出る予定を変更し、
「せっかくだから、新しいテーブルでご飯にしよう!」
と手作りでごちそうしてくれました。
素敵な仕事納めになりました。

by Hakumokuren | 2014-12-31 |

ローテーブルもうすぐ完成

141227note_sedoro

年末、バタバタしているうちにすっかり更新が滞っていました。。。
ローテーブルがもうすぐ完成します。
セドロマホガニーの色がオイルを塗ったらとても奇麗に出ました。
広葉樹の中では柔らかい木なので温かい感じがします。

by Hakumokuren | 2014-12-27 |

木口台

141110note_kogushidai

展覧会に出品する姫鏡台を作っています。
もの自体が小さいので細かい作業が多いですが、
修業中に先生ご指導のもと作った木口台が活躍します。
これがないと!という道具の一つです。

by Hakumokuren | 2014-11-10 |

材木

141108note_zaimoku

去年行った岐阜の材木市で、
材木屋さんに競り落としていただいた材が届きました。
1t車に満載の量。
届けてくれた社員さんが丁寧に奇麗に積んでくださいました。
さすがプロ。

by Hakumokuren | 2014-11-8 |

ダボ

41031note_dabo

ボール盤でダボづくり。
技術専門校で習い、試験の課題にも含まれてた作り方です。
四角に木取りした棒を鉋で奇麗に丸にし、
最後にボール盤にくわえてスイッチon!
二枚重ねにしたサンドペーパーでシュルルーンと削ると、
あっという間に出来上がりです。
今日は、直径9.5ミリ。

by Hakumokuren | 2014-11-1 |

抽斗

141025note_hikidashi

抽斗(ひきだし)のカタメをしました。
木口にはボンドの捨て塗りをすること。
底板は、動きに対応できるように真ん中だけ溝にボンドを入れること。
などなど。
修業中に学んだことがたくさん詰まった作業です。

by Hakumokuren | 2014-10-26 |

クラフトピクニックに参加します

今週末、松本あがたの森公園で「クラフトピクニック」が開催されます。
私は、カトラリーボックスづくりで参加します。
カトラリーボックスとは、フォークやナイフ、スプーンなどを入れる箱です。
深さを2種類用意したので、浅い方はお箸入れにもよいかもしれません。

今のところ、天気予報は晴れマークが出ています。
たくさんのワークショップが行われる楽しいイベントです。
ぜひおでかけください。

※松本クラフト推進協会HPより抜粋

第13回 クラフトピクニック

13thピクニック1-128x180

2014年10月18日(土)・19日(日)
10:00~16:00 雨天決行

*ご来場は公共交通機関の利用をお願い致します。雨天の場合は会場に駐車場はございません。
松本 あがたの森公園 芝生の広場にて

by Hakumokuren | 2014-10-17 |

蜜蝋オイル

141014note_mitsurou

週末のワークショップで使う蜜蝋オイルを作りました。
自宅のキッチンで作業です。
以前、松本駅近くの蜂蜜屋さんで購入した蜜蝋。
それを湯煎にかけ荏油に溶かしていきます。
よく混ぜてクリーム状にします。
見た目はカスタードクリームです。

蜜蝋はそのもの自体に抗菌作用があるそうです。
液体状のオイルより、塗りのばして磨く手間はかかりますが、
木のテーブルウェアには最適です。

by Hakumokuren | 2014-10-14 |

銃弾?

141013note_kidori

新しくチェリー材の木取りをはじめました。
何度か手押し鉋盤で平面を出していると、、、
中から何やらキラッと光るものが現れました。
うわ〜!金属です。
キリでほじくり出してみると、直径3ミリくらいの半球でした。
ブラックウォールナットではたびたび銃弾が出てくるとのことで、
技術専門校時代に、非常勤の先生に木に埋まった断面を実物で見せていただいたことがあります。
アメリカ南北戦争のときに樹が受けた銃弾をそのまま巻き込んで成長したという、
歴史を感じるものでした。

それよりはあまりに小さいですが釘やビスでもない形。
チェリーも北米産なのでもしかして、と思いました。
結局何かは不明ですが、機械の刃がやられました。。。悲

by Hakumokuren | 2014-10-13 |

キャビネット納品

140922note_cabinetA.jpg

140922note_cabinetC.jpg

キャビネットふたつの納品に東京へ行ってきました。
実際に置いてお客様に見ていただくまで緊張は続きます。
特に今回、隙間に置くキャビネットは、
出来る限りギリギリの大きさにしていたので、
設置している間もドキドキしていました。
無事に入り、どちらも喜んでいただけてホッとしました。

by Hakumokuren | 2014-9-22 |

仕事再開

140823note_cherry2.jpg

久しぶりの更新になってしまいました。
夏休みの帰省から戻って、1週間も風邪で引きこもっていました。
帰省中に打合わせさせていただいたキャビネットの木取りをしました。
病み上がりで重い材料を取り回すのは大変でしたが、
久しぶりに木を切る匂いが心地よかったです。

by Hakumokuren | 2014-8-24 |

チェリー

140807note_cherry

週末の帰省前に大きなチェリー材が届きました。
チェリーは、時間とともに色が赤く濃くなる奇麗な木です。
私が木工にたずさわる前のことですが、
実家のダイニングテーブルを家族と選びました。
そのとき数種類の中からこのチェリーを選びました。
たぶん、潜在的に好きな樹種なのだと思います。
これから楽しみです。

by Hakumokuren | 2014-8-8 |

小物制作

140725note_bowl.jpg

ドッグフードボウルとベビーボウルを制作しています。
小物制作、一度に作る数をもう少し増やさないと、と思い、
自分に課すようなつもりで今回は前回より少しだけ多めです。

by Hakumokuren | 2014-7-25 |

小さい箱

140707note_kuchihagi

小さい箱を作っています。
覆輪(ふくりん)に挑戦です。
2ミリの薄い材を接着するには、輪ゴムが役立ちます。
新しいものを買い忘れてしまったので、
古い輪ゴムを思いっきり引っぱるには覚悟がいります。

何度か「バチーン!!」と切れて飛んでいきました。

by Hakumokuren | 2014-7-7 |

透かし彫り

140703note_sukashi

透かし彫り。
形や理由について修業先の先生に伺い、
身の引き締まる言葉をいただきました。
「いづれも、形、大きさ、余白が美しくなければなりません。
先輩の仕事と自然から学んで君自身を磨くことです」

長いこと悩んだあげく、今できることと思い、
白木蓮の形にしてみました。

「誰でも見たり聞いたり経験した物事したもの以上のものは思い描けないものだね
これ見に行くといい」

と、さらに埼玉にある遠山記念館での秋の展覧会を教えていただきました。
先代、先々代の貴重な作品が収蔵されている場所とのこと。
必ず訪れたいと思っています。

by Hakumokuren | 2014-7-3 |